読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語りかける花

アート

語りかける花 (ちくま文庫)

志村ふくみ「語りかける花」

 

大学時代に授業で知り、ずっと読みたいと思っていた。

読みはじめて思った。

 

私はこの本を読むレベルに達していない…

 

ルビがふっていない難しい漢字、言い回し、登場する著名人、ワカラナイ……

でも調べたりしながら、なんとか読んだ。

 

最後の藤田千恵子さんの解説は、自分の気持ちがそのまま文章化されている気がした。少し安堵。

そうなんです。志村さんの文章は、わかりやすく、やわらかい表現で、なんというか、サンドウィッチマンのネタとかじゃなくて(またこういう余計なことを思うから品格が…)、とても清らかで、読むと情景が浮かぶんです。

…私の心が汚いからこんなことになったのかしら。。

 

波乱万丈な人生を送られていたのは知らなかった。白洲正子柳宗悦などとも交流があったのは、すごすぎる。

一角獣のタペストリーも大学時代に知った。先生が、これはマジで見た方がいい。とおっしゃっていた。

志村さんは本場の美術館でご覧になったそう。

あれが日本に来たなんて。今でもあの感動は忘れない。

 

上村松園のエッセイも読んでみたくなった。

上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後

 

お母様とのこと、ご家族とのこと、奈良のお寺のこと、小学生とのお手紙のやりとりなど…みんなほっこりする。

志村さんがすごい!って思う人ってどんな人なんだろう!?

日記を書いてらっしゃるらしく。品がある日記なんだろうな…などと妄想しながら。

 

私の知らない世界をもっと見たい。触れたい。この世の美しいものをたくさん知りたい。

広告を非表示にする

半径5メートルの野望

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)

はあちゅう 半径5メートルの野望 完全版

を読んだ。

こりゃすげぇ。おもしろかった。自分の経験と照らし合わせたり、いろいろな考えながら読んだ。

 

はあちゅうは、たぶんアメブロか何かで知って、ふーん。と思っていた。恋愛炎上主義。を立ち読みしようと思って1ページ目から「この人とは住む世界が違うわ(パタリ)」と本屋を後にしてしまったが、その後インタビュー記事や、ネプリーグで咄嗟に答えているところを見たとき、この人頭いいんだな!と見直し、noteで有料で記事を読んでいた。

Twitterなどにいるうるさい輩が気にならないのびのびした文章で、おもしろかったけど、私この人の本読んでない…と思って月額購読をやめて、この本を買った(^ー^;A

本当は小説も気になるんだけど、最初はこれから。。

 

読んでみると、付箋をつけておこう的フレーズが盛りだくさんだ。約10年ブログを書き続け、悪口を書かれたり、時には炎上したリアルな意見が心に刺さった。

 

時には苦しい別れもあるかもしれないけれど、それは、神様が強制的に前の環境を終了させ、関係を切り離してくれたと思うようにしています。

わかっていたつもりだけど、いい現場の人たちと離れるのはつらい。でも次の現場で新しい人たちと仕事すると、また新たな世界が広がる。

 

向上心や夢のない生き方なんて、ただ、死ぬまでの時間をつぶしているだけだと、私は思ってしまいます。そんなの、息をしているだけで、死んでるのと同じです。

言うね~!!w本編に出てくる、いい年してバイト人生で、話すと愚痴ばっかりの人……たしかに何が楽しいんだろうな、とは思うけど、死んでるのと一緒とは…!

 

あと合コンの話はめっちゃ共感。サラリーマンと合コンしたときと、起業家と合コンしたときに、同じ話題について話したら全然違う、ってやつ。

前にタメなのに働いてない大学生みたいなヤツらと合コンしたら、みんな大遅刻してくるし、謝らないし、料理取り分けないし、メニュー自分のしか頼まないし、、あげたらキリがないうえ、話も全然おもしろくなかった。自分たちが働いてないのを正当化してて男性陣だけで盛り上がりはじめたのもドン引き。働けよ、と思った。

それに比べて、ウェーイな営業の人たちと飲んだときは、時間きっちり集合だし、みんな女性に優しいし、こんな暗くて受け身すぎる私のような人にも話しかけてくれるし、仕事の真面目な話もサラッとして、興味深い話もあった。ザ・合コンというより、飲み会そのものがおもしろかったな〜という思い出。

 

人のせいにしてる悲しい人とか、理由聞きまくる人とか、、

とにかく共感ポイントが多すぎる〜〜!!

…と、共感もしつつ、自分も気をつけよう、と思った。人をイラつかせるの得意だから…それ聞いてどうすんねんっていうこと聞いたり、今それ言う!?ってことも、悩みすぎて何も行動しないのも自覚してる。。。グサリ

 

ちょっと実践しはじめたことは、お金を異常に惜しまない。ということ。

読みたい本があるけど、今月お金使いすぎてる、、わけじゃないけど、、うーん、、これも欲しいしなぁ、、でもランチ安くしてるしなぁ。とかどんどんよくわからなくなってゲームばっかりしてたけど、

そのゲームする時間に本を読んだ方が自分には絶対いい。蔵書とかじゃないんだから買えよ。と思うようになって、欲望が爆発していろいろ買い始めた。

通勤時間はゲームしたりネットしてたけど、本読むようになってからスマホの電池のもちもいいし、地下鉄の通信気にしなくていいし、車内のうるさい人とかも前ほど気にならなくなった。

欲しいものは買う!そしたら買おうか悩んでる時間がなくなった。

しかもそんなに買い物依存症でもないから、欲しいものを買ったら、別にあと他に買わない。前はエステにガンガンお金使ってて大変だったから、お金使うことに恐怖が少しあったけど、もう解約して払い終わったし、気分が違う!!

 

まさかの充実感!次は何読もうかな〜!と思った矢先、新刊を出されたようです。 

言葉を使いこなして人生を変える

noteの記事をまとめたものらしいので、私が購読していた当時の記事もあるかな…!?

広告を非表示にする

どんどん減る楽しみ

韓国 音楽

あちらの音楽業界は相変わらず賑やか。その中で最近は「そうか…」なことが多い。。そう、特にここ最近定期的にあるような気がする、古参グループの解散

あちらはベンチャー企業のように出入りが激しい。こっちグループがデビューすれば、そっちのグループは「あいつ今何してる?」、あっちのグループは散る。。。最近は私がK-POPに興味を持ち始めた頃のグループがどんどん無くなる(涙)

 

f:id:fnfngrgr:20170214200013j:plain

おしゃれなフリー写真素材|GIRLY DROP(ガーリードロップ)

 

振り返る

続きを読む
広告を非表示にする