最澄と天台の国宝

現在開催中、東京国立博物館の「最澄と天台の国宝」展に行った。

まだ始まったばかりからか、いつものあの混雑ぶり(見えな~い!!)は無く

結構じっくり見る事ができた。やっぱ早めはおすすめ。

最終日なんて、すごいんだろうなぁ…(5/7まで)

国宝ってタイトルだから、国宝だらけ。なんかボリューム満点な展覧会だった。

多いけど、ずっと観ていたい仏像がちらほらと。

私が印象に残ったのは

「一字蓮台法華経 巻第三」(龍興寺

法華経宝塔曼荼羅図」(談山神社

阿弥陀三尊像」(四天王寺

阿弥陀聖衆来迎図」(安楽寺院)などなど。

あんまりズラズラ書くのも良くないかなぁと思いまして…

でもとにかくずごかった。感激しちゃいました。

早くも今年の展覧会のベストに入った!

展覧会で、あ~あと思うのは

●やたら説明して(く)る人

しゃべりたいのはわかるけど、ちょっと嫌

●音声ガイドを全部しゃべってくれる

教えてくれるのはいいけど…それだったら自分で借ります!

●国宝の前でクシャミ(大きめ)

きゃーっ!我慢できないけど、ヒヤヒヤものです

たっくさん観て、本当に良かった☆

これからまた仏像めぐりしたくなりました。

あと曼荼羅もいろいろあるんだなぁと。木の曼荼羅、欲しい…部屋に飾りたい。

あと『六道絵』。授業でやってあんな近くで観られるとは!

やっぱこわい。地獄はコエ~~ッ!!

しかし花見客、どうにかならないでうかねぇ。街から酒臭いし。

桜はあんな騒がしくじゃなくて、ゆっくり静かに見たいです。

広告を非表示にする