ゴッホ展

やっぱりすごい人だった。

これからもどんどん混んでいくと思うけど、大変だった。

ゴッホはちょっと悲しげなイメージがある。

それはいろんな彼のエピソードがあったりするかもしれないけど

絵はとてもキレイだ。特に補色を使って(テレビに影響されすぎ)

「カフェテラス」や「黄色い家」が特にそうだと思う。

今回有名な作品を生で見て思ったのは

浮世絵を模写した「花魁」が、女の人の絵の背景の景色が

奥行きがあるということ。本とかでも見てたのに気付かなかった!

ちょっとなんか嬉しかった。生ならでは(ニヤリ)みたいな。

あと点描画だけど一部分はそうじゃないとか

あんなに人混みで見にくいながら、いろいろ発見があった。

なんだか好きなのは「サン=レミの精神病院の庭」。

病院か…って思うけど、あの黒い輪郭線がいいと思った。

他にゴーギャンシニャック、モネなどもあり、

ゴーギャンいいな☆と思った。

今回はファン・ゴッホ美術館、クレラー=ミュラー美術館だったけど

オルセー美術館の「アルルの部屋」がやっぱ一番好き!

あれも日本に来ないかなぁ~!私は見たけどまた見たい!

ますますオランダへの憧れが…☆

あぁ~行きたい。。。

広告を非表示にする