東京展覧会めぐり

ぐる~~っと東京めぐり。

1日で

大阪万博1970デザインプロジェクト(竹橋)

亀倉雄策デザイン飛行(新橋)

マグリット展(乃木坂)

を見ました( ´艸`)

さすがに疲れました( ´艸`)

大阪万博1970デザインプロジェクト

東京国立近代美術館 (終了) 公式HP

いやはや、いろいろ宣伝をみたので、ついてっきり大きな企画展かと(;´∀`)

美術館に行く前、横断歩道にマダムがたくさんいらっしゃり、

「ん??みんなそんなに万博に興味あるんか…?」

と怪しんでいたところ、片岡球子展でした!どうりで!!!(こちらも展示終了)

ということで、大きくない、常設展と一緒のチケットでみられるので

嫌な予感…ごくり

はそこまで的中しませんでしたが、予想通り、あっさり展示でしたww

でも当時の情報はたくさんあり、少ないながらも情報量はとても多かったです。と思います。

感動したのが、映画www(え!)

当時の大阪万博のドキュメンタリーみたいな映画。

たぶん、東京オリンピックみたいなかんじ。

でもこれが173分あるらしく。。。さすがにあそこに173分も居られない、と断念しましたが。。

人が半端なく居て、開会式みたいな部分は鳥肌がたちました。

この大阪万博にかかわっている人が、すごい人だらけ。

もう、私でも知ってる人ばかり。当時の力の入れ具合が一目瞭然ですよね。

いやほんと、今後の日本に、あんなにすごい行事あるだろうか?

タイミングもいいんだよね、きっと。

本当、グラフィックデザイナーも建築家も芸術家もファッションデザイナーも。。。

名前を見るたびにうああ、となりました。

丹下先生、太陽の塔にブチ切れ事件については書いてありませんでしたw

内容が知りたいのに…!ww

亀倉雄策生誕100年記念 デザイン飛行

@クリエイションギャラリーG8 公式HP

今度は銀座(新橋)に行き、また亀倉先生です。

私は、デザイナーらしからぬあることに、2015年5月に気づきました。

あ、ここ、クリエイションギャラリーか。

これがいわゆる、(ノ∀`)タハーです。

クリエイションは亀倉先生が監修されていた雑誌です。

これが全部見られます。だって、クリエイションギャラリーですから。

本当、毎号毎号力の入れ具合半端ないです。

こちらの展示は亀倉先生のデザイン作品と、亀倉先生の交流の幅広さを見ることができます。

友だちが少ない私にとって、神レベルの交流の広さです。

土門拳勅使河原蒼風からはじまり、田中一光福田繁雄イサムノグチ、、、

さらに海外は、ブルーノ・ムナーリマックス・フーバーポール・ランドなど、、、、

すごすぎる…!!!

めちゃくちゃ衝撃だったのが、

丹下先生の家に、猪熊弦一郎谷口吉生(超若い)、あとイサムノグチと…

って、そうそうこれこれ!!!

ありがとうございます。

写真とってよかったんだ…とればよかった。。ホーム画面にしたい(´;ω;`)

マックス・フーバーってデザインいいな~♪と思ってたけど

写真、すんごいふざけててイメージが変わったわ(;´∀`)

マグリット

国立新美術館 公式HP

これも楽しみにしていました。

さすが、回顧展、すごい量です。ってか、今日やっとちゃんとした展覧会(こら!)

シュールになる前、ポスターの絵も描いていたんですね。

最初は線も曲がってたり斜めになってるけど

どんどんキレイになっていくのもすごいし、おもしろい。

でも…なんかだんだん飽きてきちゃって。。。(;´∀`)

まさかのです、好きなのに。

シュールばっかりだったかしら。。。

でも、最後の写真は好き!!!( ´艸`)

グラデーションの描き方とか、精密さは本当、すごいです。

あんなに近くで見れること、めったにないので、是非w

写真が無いorz

広告を非表示にする