熊谷守一展

没後30周年 熊谷守一展~天与の色彩、究極のかたち~

埼玉県立近代美術館へ。

熊谷さんはとっても親しみのある、ほんわかな方だという印象を受けました。

「熊谷形式」といわれる輪郭線のハッキリした画法が有名ですが

その前の画風のレンブラントを意識した絵も好きです。

あと書もやってらしたんですね。知りませんでした。

最後には藤森武氏撮影の写真も。

その写真一枚一枚に熊谷さんコメントがあり

文章がウケます。

なんか見終わって、

「うん、別に絵に上手いも下手もない。絵は絵だ。」

といいのかわからない解釈が生まれました。

ま、人それぞれですよ、受け止め方なんて。

私の大好きな○○をボロクソ言う人もいるし

私の大嫌いな△△をベタ褒めする人もいるし

全く同じ意見の人もいたり。

私みたいな人いない。

とかプライド持っちゃってたけど

社会に出てみて

いろ~んな人に会ったら

私と同じようなことを考えてる人っているんだな~と思いました。

学生時代は自分のことしか考えてない人ばっかりだった。

でもそれは、みんな必死だったのかな。

いっぱいいっぱいだったんだろう。

…なにを書いてるんだ私は。

とにかく

埼玉近美は常設展も見がいがあるから

毎回それを忘れて疲れてしまった、という話です。

熊谷守一記念館(岐阜)

http://www.tsukechi.co.jp

熊谷守一美術館(東京)

http://www.kumagaimori.jp

広告を非表示にする