読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユメ十夜

映画

今年初映画。

ユメ十夜を観た。

……すごいね。

盛りだくさんだね、といったかんじ。

10って、多いなぁ。

もうね、極めつけが最後の第十夜で、漫☆画太郎だし…みたいな。

とにかくみなさん、やりたい放題。って思うのは私だけか。

いろ~んな解釈がありますよね。

どれが良かった、ともいえない映画。

不思議だったわ~。

みんな夢なんだもんね。何も言うことないよね。。。

でも選びたいの!そう、私は、

第八夜の山下敦弘監督のが好きかな~。一番ユメっぽかった。

あの夢らしいモノの出方とか。自分の夢と似てるのかな。

リアリズムの宿」もおもしろかったし。

って、違うけどね~^^;

まぁ~~原作読んでいないので、言える立場じゃないけど。

ちょっとこれは読まなきゃいけないかも。

というか、読んでから観た方が。

私は今日誘われましたからな。

とにかく最後のを観て、ある食べ物が食べたくなくなりました。ふぅぅぅ。。

次は何を観ましょうかねぇ。

ちょっと蟲師が気になる。

友だちがマンガもアニメも好きらしいけど

好みがハッキリするみたいですね、むしし。

私はちょっと嫌な予感すっけど…

蟲を感じてみよう。

広告を非表示にする