読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、クールベさん。

カタクリ家見た後

「魅惑の17-19世紀のフランス絵画展」@損保ジャパン東郷青児美術館へ。

意外に作品がたくさん。

授業で見た事あるようなものも、ちらほら。

みんなやっぱ風景画はきれいですよね~。

印象的だったのはジャン=バティスト・グルーズ「両手を組み合わせた少女」

全然少女に見えない女性が手を軽く組んでこちらを見ています。

ニコラ・ディディエ・ボゲ「ステュムパロス湖畔で鳥退治をするヘラクレス

とても美しい風景に、ヘラクレスがちょこんといて、鳥退治をしています。

ブロンズ製のガラガラを使っているらしいです。

アシール=エトナ・ミシャロン「レムノス島のピロクラテス」

ヘラクレスの弓と矢を授けられたピロクラテス。

孤島で10年間、鳥を殺して生活していたときの風景。

これまた景色がすごいです。

ヘラクレスと、ピロクラテスの絵が並んでいたのですが

タイトルとか見ないで、絵だけ見たとき、二つ繋がっているのかと思っちゃいました。

(ヘラ)鳥退治→(ピロ)だめだった…

に見えてしまった。いや~後者はちょっとかがんでる姿勢なもんで。

もう少し絵をのぞくと、だめだったのではなく、鳥は捕まえてました。

鳥退治→よし、とれた

よく見りゃ描いた人も、登場人物も違うじゃん!

ちょっとおもしろかったのに…

ポストカードあれば買ったのに…

やっぱメインは「出会い こんにちはクールベさん」でしょう。

思ったより大きい作品でびっくり。

ブルジョア…。

クールベめちゃ反ってます。上半身。

リュックかと思ったら画材か!(勘違いパート2)

なんともおもしろい作品ですよね。自分をああいう風に描いちゃうのって。

犬もピンとしてます。緑のジャケットいいなぁ~なんつって。

初の東郷青児美術館。42階だなんて知らなかったよう。

こわかった~エレベーター。横揺れしたし。

でも42階からの外の景色はすごい!展望台並み。

新宿を一望。東京タワーも六本木ヒルズもすぐそこ。

さすがに家は見えませんでした(小学生!)。

広告を非表示にする