入学式(二回目)

私も今日から学校だ。
新しい学年、少し変わったメンバー、変わらない学校。
それでも私はこれからまた新しい生活が始まる。


入学式には出なければいけなかったみたいなので、出た。
ほとんどの人は新入生。少し前まで高校生だった人ばかりだ。

う、うらやましい…

なぜか思ってしまった。年齢二つしか違わないのに、この差は何だ?
とても若くて元気な人ばかりだ。

しかし、少し経つと、タメ口で話していたら年上だった
というケースもあるので、大学は要注意である。
だからといって、いきなり敬語はお互いに嫌だから普通にするけど
言わなければ年齢ってわからないもんだなぁ。と感じる。
同い年なのに、おじさんっぽい。
28歳なのに、同い年に見える。

これは今本当にいる人だ。

入学式はあっさり終わり、ましてや専攻科生にまでなると、
式後にあるはずのオリエンテーションみたいな別室で話を聞くという
ものもなく、

「はい、じゃあ解散」

皆、そのまま解散する。


そのままじゃ淋しいといことで、あとで遊ぼう!
ということになったら、乗り気な人は一部しかいなかった。
私はそのまま遊びたかったので、残ったが
まわりは皆初めて話す&遊ぶ人だらけで、ちょっとビビった。
そしてその初めての人とプリクラとったりして、
なんだか不思議なことになっていた。


春休みがやたら充実していたので、学校がついでみたいに感じた。
これからそんな遊ぶのも乗り気じゃない人と過ごすかと思うと
ちょっと心配になってくる。
というかあんまり楽しみじゃない。

広告を非表示にする